[アイアディアナスカップ]数的不利を打開する選手育成、興國が広島観音下して来年度シード権獲得

ゲキサカ / 2014年8月14日 6時19分

[アイアディアナスカップ]数的不利を打開する選手育成、興國が広島観音下して来年度シード権獲得

[8.13 アイアディアナスカップ・ディビジョン2 1回戦 興國高 1-0 広島観音高 西都市清水台総合公園A]

「アイアディアナスカップ~GREAT~ BATTLE OF 宮崎 2014」ディビジョン2の興國高(大阪)と広島観音高(広島)との一戦は興國が1-0で勝ち、上位13チームに与えられる来年度のシード出場権を獲得した。一方の広島観音はこの後行われた高知商高戦を3-1で勝利。大会最終日の14日に行われる13位決定戦でシード権残り1枠を懸けて熊本国府高と戦う。

 シード権を懸けた1点を争う好勝負。前半に右SB新名春樹(3年)が決めたPKで挙げた1点によって興國が1-0で勝った。CB坂井淳主将(3年)ら主力4人が広島県高校選抜チームに合流中の広島観音はMF池宗健太の展開やMF藤井雄大(ともに3年)の仕掛けなどから反撃し、相手のDF間のギャップにFW岡西政治(3年)やFW中本峻平(2年)が走りこむなど攻めたが無得点で敗戦。一方の興國は大型ボランチ・MF桶谷拓人主将(3年)の組み立てからMF田中優一(3年)とMF宮城和也(2年)の技巧派2人の絶妙なポジショニングと技術などでチャンスをつくり続けて、接戦を押し切った。

 興國は今年、CB北谷史孝が横浜FM、FW金容輔が神戸へ入団。J1クラブにこの2人を輩出するなどこれまで国内・海外合わせて5人のプロ選手を輩出している「育成型」のチームだ。ユニフォームに加えられる5つ星はタイトルの数ではなく、輩出したプロ選手数。内野智章監督が「ここにプライドを持っている高校がいても面白い」と語るように選手育成にプライドを持って取り組んでいる気鋭の高校となっている。

 今年の3年生はプロになる選手こそいないものの、すでに関東、関西、九州の強豪大学へ進学予定。将来を期待される個がいるが、彼らを磨き上げてきたのは1対2と3対2のトレーニングだ。「1対2でもぶち抜ける選手なれへんと、上行かれん!」という内野監督の下、攻撃では1対2の数的不利、守備面では2対3の数的不利の状況で「やれる」選手の育成を目指している。その中から注目MF田中や2年生にも国体全国準Vメンバーの宮城、MF武村萌生ら面白いタレントが育ってきている。

 個がプロへ進み、大学でも全日本入りするなど飛躍している一方、チームとしての結果は未だ全国出場がない。育成に主眼を置きながらも、タレントたちが全国を経験してより大きく羽ばたくことができるか。「今年の大阪には飛び抜けたチームがない。ボクらにも、16くらいのチームにもチャンスがある」(内野監督)という大阪府予選を突破して選手権出場を狙う。

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング