[アイアディアナスカップ]「めちゃくちゃ嬉しい」鳴門が広島国際学院振り切り、決勝進出!

ゲキサカ / 2014年8月14日 7時9分

[アイアディアナスカップ]「めちゃくちゃ嬉しい」鳴門が広島国際学院振り切り、決勝進出!

[8.13 アイアディアナスカップ・ディビシジョン1 2回戦 広島国際学院高 1-2 鳴門高 宮崎県総合運動公園サッカー場]

「アイアディアナスカップ~GREAT~ BATTLE OF 宮崎 2014」の上位トーナメント、「ディビジョン1」は13日午後に2回戦を行い、鳴門高(徳島)が広島国際学院高(広島)に2-1で勝利。鳴門は14日の決勝で初芝橋本高と戦う。

 初戦で日章学園高を3-2、そしてこの日は大分トリニータU-18を2-1で沈めて大会に旋風を巻き起こしている広島国際学院と全国高校総体の徳島県予選準決勝敗退から成長を遂げてきている鳴門との“準決勝”。鳴門の香留和雄監督は「今年は徳島で3、4番手。昨年の選手権は(1本の)PKで負けて、今年はウチがああうのを期待しないといけないですよ」と笑い、エースFW中尾優生(3年)も「はっきり言って弱い」というチームだが、弱いことを認めているからこそ、個々がやるべきことをやり切り、この試合でも走って、戦い抜いて、接戦を勝ち切った。

 FW岡田倖輝とMF市地功樹(ともに3年)中心にスピードのある攻撃を見せる広島国際学院に対し、鳴門は中尾の抜け出しからMF真田左京(3年)が決めたゴールなどで2得点。スピードのあるMF坂本一真とFW中山竜介の1年生コンビの活躍や最終ラインで奮闘するCB濱西俊樹やCB中村諒也(ともに3年)らの堅守も光り、中尾が「内容的にも昨日、今日ずっと悪くて、運がいいという感じです。ただ勝っていることは自信になっている。弱いからこそ、走るサッカーができるんで練習からみんな走って頑張る。この試合は(今日)2試合目ということがあって、みんな走れていなかったんですけど、みんなで頑張りました。(この勝利は)めちゃくちゃ嬉しいです。本当に嬉しいです。正直、決勝までこれると思っていなかった」と胸を張る白星だった。

 広島国際学院はMF新居秀斗(3年)の決定的なシュートや市地のポスト直撃の左足FKなど反撃したが、1点届かず。それでも印象的な戦いを見せた。一方の鳴門は熊本国府高との初戦では0-2から3-2で逆転勝ち。13日午前の中津東高戦では指揮官が「精神的に成長した」という中尾がスーパーゴールを決めて2-1で勝利と3試合全て1点差をものにしてきている。14日の決勝の相手は全国高校総体16強の初芝橋本。中尾は「優勝して気持ちよく選手権へ臨みたい」と力を込めた。

試合後のコメント
●鳴門FW中尾優生(3年)
「2試合目ということがあって、みんな走れていなかったんですけど、みんなで頑張りました。(決勝進出は)めちゃくちゃ嬉しいです。本当に嬉しいです。正直、決勝までこれると思っていなかった。(今年のチームは)弱いです。でも弱いからこそ、走るサッカーができるんで、練習からみんな走って頑張るので、そこが(技術の高かった去年と)練習から違います。(個人的には)前の3年がボクひとりなので、後輩を引っ張っていかないといけないと思っています。役割はドリブルで打開したり、チームは年下が多いので声で動かしたり、パス供給したりするところがボクの仕事だと思います。選手権に出るためにはもっと走れるチームにならないと勝てない。みんなで頑張りたい」

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
【特設ページ】アイアディアナスカップ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング