シャルケDFヘーベデスが残留強調「僕が果たすべき責任がある」

ゲキサカ / 2014年8月14日 20時5分

シャルケDFヘーベデスが残留強調「僕が果たすべき責任がある」

 シャルケのドイツ代表DFベネディクト・ヘーベデスが移籍の考えがないことを強調している。ドイツ『キッカー』が報じた。

 26歳のヘーベデスは、2001年にシャルケの下部組織に加入してから13年間シャルケ一筋。2011年にはフル代表にも招集され、ブラジルW杯のメンバー入りも果たした。本大会では全7試合にフル出場し、24年ぶりのW杯制覇に大きく貢献した。

 同紙によると、プレミアリーグのアーセナルやマンチェスター・シティが獲得に興味を示しているとされるヘーベデスは、2017年まで契約が残っているため移籍の判断を迫られている状況ではないとしながらも、「いつか海外でプレーすることに、魅力を感じているとは言い続けてきた事だ。新しい環境、新しい言語、そして新しいクラブを知る為にね。でもそれにはまだ時間があるよ」と、海外挑戦への興味を口にしたが、今ではないと話した。

 さらにヘーベデスは、「噂はいつだってあるものさ、W杯で優勝した後ならなおさらね。でも今はそういう事を考えてはいない。ここには僕が果たすべき責任があるんだ。このチームを愛していなかったら、こんなに長くここに留まる事はなかっただろうね」と語り、移籍の考えがないことを強調した。

▼関連リンク
ブンデスリーガ2014-15特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング