[アイアディアナスカップ]指揮官「成長したと思います」旋風起こした広島国際学院が3位に

ゲキサカ / 2014年8月16日 16時58分

[アイアディアナスカップ]指揮官「成長したと思います」旋風起こした広島国際学院が3位に

[8.14 アイアディアナスカップ3位決定戦 広島国際学院高 1-0 香川西高 宮崎県総合運動公園ラグビー場]

 高校年代の強豪16チームが優勝を争った「アイアディアナスカップ~GREAT~ BATTLE OF 宮崎 2014」は大会最終日の14日、順位決定戦を行い、3位決定戦では広島国際学院高(広島)がMF重森貴文(3年)の決勝ゴールによって香川西高(香川)に1-0で勝ち、3位へ食い込んだ。

 11年度の選手権広島県予選で4強、12、13年度の同大会で8強入りしている広島国際学院だが、今年の総体は広島地区予選Eグループで広島工高に0-1で敗れて2位。32校による広島県大会に進むことができなかった。

 その広島国際学院がアイアディアナスカップでは、予選大会に当たるASCカップ(高知)を徳島北高との同点優勝で勝ち抜くと、本大会では日章学園高、大分トリニータU-18、そして香川西と全国区の強豪から白星を掴んで3位。堅守とスピードのあるサッカーでチーム力の高さを示したのに加え、一瞬のキレが魅力のエースFW岡田倖輝(3年)をはじめ、個々も輝く大会となった。

 瀬越徹監督も「成長したと思います。選手権予選に向けて弾みにした。守備から入って、奪った瞬間に判断するサッカーができている」と目を細める快進撃。「取りどころの部分とか、もう1回やらないといけない」と今回出た課題を修正し、今月31日にはじまる選手権広島県予選に臨む。

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
【特設ページ】アイアディアナスカップ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング