[Fリーグ]北海道vs大分 試合後の大分 伊藤監督&小曽戸主将コメント

ゲキサカ / 2014年8月16日 18時47分

[Fリーグ]北海道vs大分 試合後の大分 伊藤監督&小曽戸主将コメント

[8.16 Fリーグ 2014/15第9節 北海道3-4大分 駒沢]

 Fリーグは16日に第9節を駒沢体育館で行い、エスポラーダ北海道とバサジィ大分が対戦した。前半に3点を挙げた北海道だったが、後半に大分の猛攻に遭い4失点を喫して逆転負け。北海道は無敗が7でストップ。一方、大分は連敗を2で止めた。試合後、会見に臨んだ大分の伊藤雅範監督は「後半20分の選手たちが見せた戦う姿勢は、僕が監督になってから一番素晴らしいものだった」と後半の出来に満足感を示し、キャプテンのFP小曽戸允哉は「中断前最後の試合を、勝って締めくくりたいと思います」と、次節を見据えた。

 以下、試合後の大分・伊藤監督、小曽戸主将コメント

●伊藤雅範監督
―試合の感想は?
「まず、非常に疲れました。前半と後半、全く違うチームだったなと。誉めるべきところは誉めてあげて、叱るところは、叱らないといけない。ただ、選手たちにも伝えたのですが、後半20分の選手たちが見せた戦う姿勢は、僕が監督になってから一番素晴らしいものだったのではないかというふうに思っています」

―前半の内容が良くなかったが、HTの指示は?
「えー…。ちょっと覚えてないですが、確か『戦え』『起きろ』と。そんなことを言ったと思います」

―監督自身も熱くなっていた?
「逆に熱くなかった試合があったのかな、と個人的には思いますが…。まぁ、監督もチームを鼓舞しないといけません。それと同時に一つ冷静になって、いろんな局面を判断しないといけないところもあります。全部が全部、冷静ではないっていうこともないのですが、前半に関しては、ちょっとチームが動かなくて、自分としても非常にストレスが溜まる20分だったと思います」

―前半は2連敗の影響があった?
「2つ負けて、チームがショックを引きずっていたのは確かだったと思います。それに対して、相手は7戦負けなしっていうことで、怖いものもない状態で、逆に僕たちは2連敗してナーバスになって試合に臨んでいた。そういう影響っていうのは、心理的にはあったと思います。戦術的には、相手の縦の速い攻撃、関口くんからのビルドアップ。あとは、チーム全体の走力。カウンターのスピードとか。そこに対して考えていたのですが、それが抑えきれなかったかなと思います。あと、セットプレーも、確か大阪もまったく同じ形で失点していると思います。それを映像として見せたが、僕も詰めが甘かったかなと。そこはちょっと残念だったというか、自分の責任かと思います」

―後半は仁部屋選手と小曽戸選手が同時にピッチに立つ時間が短かったが?
「仁部屋と小曽戸は、今は違うセットで使っています。ただ。勝負どころになれば、クオリティの高い、いわゆる特別な選手ですから、同時に同時にピッチに立たせて相手に脅威を与えたいと思います。どうしても、後半はハイプレスで行くと決めていたので、完全に分けて、最後のところで、パワープレーで行くか。2人をピッチに並べるか。そのどちらかを考えて、戦術的な意図で、最後まで2人が同時に立つ時間がなかったのかなと。でも、2人が同時にピッチに立てば、点は取ってくるんだなと、あらためて今日、思いました」

●FP小曽戸允哉主将
―次節に向けて?
「この2連敗を断ち切っての勝利をもっと意味のある勝利にするために、中断前最後の試合を、勝って締めくくりたいと思います」

(取材・文 河合拓)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング