マンU監督嘆く「MFが手薄」…でも香川に出番はない?

ゲキサカ / 2014年8月23日 17時33分

マンU監督嘆く「MFが手薄」…でも香川に出番はない?

 マンチェスター・ユナイテッドは24日に敵地でサンダーランド戦を行う。16日の開幕戦はスウォンジーに苦杯を舐め、まさかの黒星発進となってしまったユナイテッド。巻き返しを期す今シーズン、開幕連敗だけは絶対に許されないところだ。

 朗報は調整不足のため開幕戦を欠場していたFWロビン・ファン・ペルシーの準備が整ったことだ。公式サイトによると、ルイス・ファン・ハール監督も「ロビンは出場出来る状態になった。チームにとっては大きなことだ」と素直に喜んでいる。

 ただ先日獲得したばかりのアルゼンチン代表DFロホについては労働許可証が取得できなかったことから、今節でのデビューは見送られることになった。

 気になる日本代表MF香川真司の起用法についてだが、英紙の予想スタメンでは2戦連続のベンチスタートが濃厚とみられている。ユナイテッドは今週に入ってMFマルアン・フェライニらが新たに負傷。V・ハール監督も「怪我人があまりにも多い。監督になって初めての経験だ。特にMFは手薄な状態だ」と嘆く状態だが、それでも香川に出番が回ってくることはないのだろうか。
▼関連リンク
欧州組完全ガイド
プレミアリーグ2014-15特集

ゲキサカ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング