U-21代表DF岩波がJ1初ゴール!!神戸が仙台に逆転勝ち

ゲキサカ / 2014年8月23日 21時25分

[8.23 J1第21節 神戸2-1仙台 ノエスタ]

 ヴィッセル神戸はホームでベガルタ仙台に2-1で逆転勝ちし、2試合ぶりの白星を挙げた。順位も6位に浮上。仙台は連勝ならず、4試合ぶりの黒星を喫した。

 仙台は前半11分にFW武藤雄樹、同29分にMF角田誠がミドルシュート。神戸は前半33分、MF森岡亮太のパスからFWペドロ・ジュニオールがフィニッシュに持ち込むが、枠を捉えられない。同34分には森岡の右足ミドルもゴール左に外れた。

 互いに決め手を欠く試合展開の中、先制したのはアウェーの仙台だった。前半36分、MF野沢拓也の左CKにニアサイドのDF鎌田次郎が頭で合わせ、先制点。セットプレーで膠着状態を破り、前半を1点リードで折り返した。

 しかし、神戸も後半7分、森岡のハーフウェーライン手前からのスルーパスに抜け出したペドロ・ジュニオールが右足で同点ゴール。同22分にはDFチョン・ウヨンの右CKにU-21日本代表DF岩波拓也が頭で合わせ、2-1と逆転に成功した。

 DF河本裕之の負傷により、後半開始から途中出場していた岩波。貴重な勝ち越しゴールが自身のJ1初ゴールとなった。結局、これが決勝点に。岩波は試合後のインタビューで「J1で初めてここでゴールを決めることができてよかった」と、ホームでの逆転勝利につながるJ1初ゴールを喜んだ。

▼関連リンク
[J1]第21節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング