10人のバルサが白星スタート…メッシ2発に18歳の新星ムニルも初ゴール!!

ゲキサカ / 2014年8月25日 5時58分

10人のバルサが白星スタート…メッシ2発に18歳の新星ムニルも初ゴール!!

[8.24 リーガ・エスパニョーラ第1節 バルセロナ3-0エルチェ]

 リーガ・エスパニョーラは24日、第1節を行い、バルセロナはホームでエルチェと対戦した。FWリオネル・メッシの得点で先制したバルセロナだが、前半終了間際にDFハビエル・マスチェラーノが一発退場となり数的不利に陥る。しかし後半に18歳のFWムニル・エル・ハダディとメッシが追加点を奪い、3-0の完封勝利を収めた。

 序盤からボールを支配するバルセロナはアンカーのMFセルヒオ・ブスケツが最終ラインの中央に下がって攻撃のタクトを振るい、両SBのDFダニエウ・アウベスとDFジョルディ・アルバがワイドに張り出して相手ゴールに迫ろうとする。しかし、前線にFWジョナタスを残して9人でブロックを形成するエルチェの堅固な守備を崩し切れない。

 なかなか決定機を創出できない時間帯が続いたが、前半22分にMFアンドレス・イニエスタのパスを受けたムニルがPA内から強烈なシュートを放つ。しかし、クロスバーに直撃して先制点は奪えず。さらに、同32分にはイニエスタがミドルレンジからシュートを狙ったが、またもやクロスバーに阻まれてしまう。

 しかし、前半42分についにゴールをこじ開ける。エルチェのパスミスを見逃さなかったブスケツがスライディングでメッシへパスを送ると、背番号10は鋭い反転からPA内に侵入して左足で先制点を流し込んだ。だが先制直後のプレーでMFガリー・エンデス・ロドリゲスを後方から倒したマスチェラーノが一発退場となり、数的不利に陥って前半を折り返す。

 10人となったバルセロナは後半の頭にMFラフィーニャに代えてDFマルク・バルトラを投入して、マスチェラーノの抜けた最終ラインを整備する。すると、後半2分に追加点を奪う。MFイバン・ラキティッチが前線に送ったパスは相手に当たったものの、裏に抜け出したムニルが冷静に自身リーガ初ゴールを流し込んで2-0とする。

 さらに後半18分、右サイドのD・アウベスからパスを受けたメッシがDF数人を前にしながらもドリブルでシュートコースを作り出し、ダメ押しゴールを叩き込んだ。

 10人になりながらも2点を追加したバルセロナはエルチェの反撃も許さずに3-0の完封勝利を収め、開幕戦を白星で飾った。

▼関連リンク
リーガ・エスパニョーラ2014-15特集

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング