[Fリーグ]7秒で先制した大分が今季最多9ゴールで仙台を撃破

ゲキサカ / 2014年8月25日 15時0分

[Fリーグ]7秒で先制した大分が今季最多9ゴールで仙台を撃破

[8.23 Fリーグ2014/15第10節 仙台5-9大分 仙台青葉]

 Fリーグは23日、第10節を各地で行い、ヴォスクオーレ仙台とバサジィ大分が対戦した。

 キックオフから7秒、大分が仙台の出鼻をくじく。FP仁部屋和弘のゴールで先制すると、2分にも仁部屋が追加点を記録。その後もFPディドゥダ、FP松山竜二がゴールを決めると、9分には仁部屋がハットトリックを達成した。15分には仙台FP影浦俊介に1点を返されたが、FP大徳政博が追加点を挙げて、6-1と大分が大量リードを奪って前半を終えた。

 後半5分にも大分はFP芝野創太が得点を決め、勝利を大きく引き寄せる。しかし、ここから仙台が粘りを見せた。後半7分、8分とFP今井翔が連続ゴールを決めると、FP渡邊一城も加点し、3点差まで詰め寄る。しかし、終盤、ディドゥダと大徳に得点を決められた仙台は、FP佐々木諒が1点を返し、後半の20分では4-3で打ち勝ったが、前半のビハインドが響き、5-9で敗戦。今季チーム最多の5ゴールを挙げた仙台だが、チーム事情からGKクロモトが欠場している影響もあり、大量失点で通算成績3分7敗と未勝利が続いている。一方、こちらも今季最多となる9ゴールを挙げた大分は、2連勝となった。

 次節となる第11節で、仙台は9月6日に塩釜ガス体育館でシュライカー大阪と対戦。大分は浦安総合体育館でバルドラール浦安と対戦する。

[写真]シュート7本を放ち、気を吐いたFP影浦俊介は前半に意地のゴールを決めた

ヴォスクオーレ仙台 5-9(前半1-6) バサジィ大分
<得点者>
[仙]影浦俊介(15分)、今井翔2(27分、28分)、渡邊一城(34分)、佐々木諒(38分)
[大]仁部屋和弘3(1分、2分、9分)、ディドゥダ2(7分、37分)、松山竜二(8分)、大徳政博2(19分、39分)、芝野創太(25分)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング