[Fリーグ]2度目のアジアクラブ選手権制覇を目指す名古屋FP北原「冷静に戦うこと」

ゲキサカ / 2014年8月25日 17時5分

[Fリーグ]2度目のアジアクラブ選手権制覇を目指す名古屋FP北原「冷静に戦うこと」

[8.20 Fリーグ2014/15第10節 すみだ 2-3 名古屋 墨田]

 Fリーグは20日、第10節1日目を行い、フウガドールすみだと名古屋オーシャンズが対戦した。試合は3-2で名古屋が勝利。かつて、すみだの前身である『ボツワナ』でプレーしていた経験のあるFP北原亘にとっては、古巣との対戦だった。北原は試合後、この試合を振り返り、8月25日から30日まで、中国の成都で行われるAFCフットサルクラブ選手権2014に向けてコメントをしている。

 以下、試合後のインタビュー
●FP北原亘(名古屋)
―北原選手にとっては、古巣との試合でした。感慨や負けたくない気持ちも強かったのでは?
「ありましたねー。久々に気合いが入りました」

―1点差のゲームになりました。
「うちらが望んだゲームではなかったというのが、正直なところですね。この雰囲気で点を取ったまでは良かったのですが、追いつかれたことで会場も盛り上がってしまったし、相手も盛り上がってしまった。先制点を取った後に、もう1点、2点取れていれば、もっと自分たちがやりたいフットサルができたのかなと思います」

―突き放せなかった?
「そうですね。突き離せなかったし、相手の土俵に持っていってしまいました」

―あれだけ相手が前からくると難しい?
「前から来てくれた方が、うちとしてはやりやすいはずなんです。でも、彼らは体を張るし、戻りも早いし、難しかったですね」

―裏に出たボールをGKの揚石選手がかなり高い位置でボールをクリアーしていました。
「揚石のポジショニングによって、難しいゲームになりました。あれだけ裏をどんどん狙ってくるGKも珍しいというか、ピヴォに入れたボールもほとんど揚石がカットしていたので。相手も、揚石のポジショニングを加味したうえでのDFをしていたと思います。ガツガツと前から来れますし」

―前回のドローを受けて、2試合連続の勝利なしは阻止しました。
「過去に一度だけ、連敗したことがあるんですよ。名古屋は一度だけ2連敗したのですが、Fリーグの歴史で無得点に終わったのが、その2試合だけ。それ以外は、2試合連続で勝ち点3を取れなかった試合はありません。僕の中では、それが一番リーグを戦う中で大事なこと。2試合連続で勝ち点3を落とさない」

―すみだの印象は?
「やっぱりフウガは、この会場の雰囲気を含めて良いチームだなと思いますね。ちょっと上目線に聞こえるかもしれませんが(笑)」

  • 前のページ
    • 1
    • 2
  • 次のページ
ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング