[CL]バーゼル監督:「このチャレンジは大きな楽しみ」

ゲキサカ / 2014年9月12日 21時14分

[CL]バーゼル監督:「このチャレンジは大きな楽しみ」

マドリーやリバプールと同居

 日本代表FW柿谷曜一朗が所属するバーゼルは、29日に行われたチャンピオンズリーグ(CL)・グループステージ組み合わせ抽選でグループBに入った。パウロ・ソウザ監督は抽選結果を、大きな挑戦だとして歓迎している。

 2011-12シーズンにはマンチェスター・ユナイテッドを抑えてのグループ突破を果たし、昨シーズンはグループ敗退に終わりながらもチェルシー相手に2勝を挙げるなど、近年CLでの健闘が目立つバーゼル。柿谷のCL初挑戦としても期待される今季の大会の組み合わせもやはり厳しいものとなった。

 グループで対戦する相手は昨季欧州王者のレアル・マドリー、イングランドのリバプール、ブルガリアのルドゴレツの3チーム。この結果を受け、P・ソウザ監督は以下のようにコメントしている。クラブ公式サイトが伝えた。

「世界最高の大会の一つであるCLに参加できることはうれしいね。レアル・マドリーやリバプールについては多くを語る必要はないだろう。彼らは合計で欧州を15度制覇している。また、ルドゴレツが昨シーズンのヨーロッパリーグで見せたパフォーマンスや、今回のCL予選での戦いぶりは、リスペクトに値するものだった」

「我々にコンプレックスはない。自分たちの力は把握できている。新しいプロセスはまだ始まったばかりだが、世界のベストチームと勇敢な戦いを繰り広げるために毎日働いているところだ。このチャレンジは本当に大きな楽しみだよ」

 9月16日に行われる初戦は敵地サンチャゴ・ベルナベウでのマドリー戦。柿谷はいきなり大舞台でデビューを迎えることになるかもしれない。

▼関連リンク
欧州CL14-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング