ジエゴ・コスタは軽傷、モウリーニョが明かす

ゲキサカ / 2014年8月30日 16時0分

ジエゴ・コスタは軽傷、モウリーニョが明かす

 30日のプレミアリーグ第3節でエバートンと対戦するチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は29日、記者会見を行い、27日の練習中に太腿裏の筋肉を負傷したFWジエゴ・コスタについて軽傷であることを明らかにした。クラブの公式HPが伝えている。

 当初は最大で6週間の離脱となる可能性も報じられていたが、前日練習の前に会見したモウリーニョ監督は「現時点では多くを語ることはできない」としたうえで、「我々は彼が明日プレーできるようにすべてのことにトライするつもりだ。彼はここ2日間、練習していない。しかし、今日は最後の日で、彼を選ぶかどうかを我々は決めなければならない」と指摘した。

「軽い練習を行い、反応がポジティブなものであれば、我々は彼をエバートンに連れて行く。もしも反応がポジティブなものでなければ、我々は彼を選ばない」

 いずれにせよ、長期離脱は避けられそうだ。「現時点で問題となっているのは明日の試合だけだ。3週間、4週間の話ではない」。チェルシーは29日、FWフェルナンド・トーレスのミランへのレンタル移籍を発表したが、ジエゴ・コスタが軽傷で済んだことも、この移籍を容認する決め手となったのかもしれない。

▼関連リンク
プレミアリーグ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング