14戦不敗、山形に3発勝利も湘南監督「勝ったのは奇跡」

ゲキサカ / 2014年8月31日 20時28分

[8.31 J2第29節 山形1-3湘南 NDスタ]

 湘南ベルマーレが敵地でモンテディオ山形に3-1で勝利した。

 先制は山形だった。前半3分、カウンターからFWディエゴがMFロメロ・フランクとのコンビプレーで抜け出すと、コースを突いた左足シュートを枠内に飛ばし、先制点を奪った。

 だが首位湘南は慌てなかった。迎えた後半6分、DF三竿雄斗が入れたアーリークロスに走り込んだFW岡田翔平がスライディングシュートで飛び込み同点。そして同8分にはMF岩尾憲の左クロスを、岡田が今度は頭で合わせて、試合をひっくり返した。

 山形も逆転されてしまったが、チャンスは作り続けた。しかし後半31分のディエゴのシュートはポストを直撃。同32分のFW山崎雅人のシュートはクロスバーに嫌われた。すると後半アディショナルタイムにはセットプレーからFWウェリントンにダメを押されてしまった。

 2試合ぶり勝利の湘南。敗けなしは14戦に伸びた。しかしチョウ・キジェ監督は「前半は今季一番悪かった。これじゃダメ。勝ったのは奇跡」と怒り心頭。次節の2位松本山雅FC戦に向け、気合を入れ直していた。
▼関連リンク
[J2]第29節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング