2位松本が3発快勝で11戦不敗、3位磐田との勝ち点差は「10」に

ゲキサカ / 2014年8月31日 21時55分

[8.31 J2第29節 群馬1-3松本 正田スタ]

 2位松本山雅FCはアウェーでザスパクサツ群馬に3-1で快勝し、2試合ぶりの白星を挙げた。これで11試合連続負けなし(8勝3分)となり、この日3位磐田が敗れたため、勝ち点差を「10」に広げている。

 松本は前半9分、DF田中隼磨の右クロスにMF岩沼俊介が頭で合わせ、先制点。立ち上がりにリードを奪うと、その後も試合の主導権を握り、前半は群馬にシュート1本しか打たせなかった。

 待望の追加点は後半29分。FW船山貴之から縦パスを受けた途中出場のFW山本大貴がPA手前から左足を振り抜き、追加点。3分後の後半32分には船山の強烈な直接FKを相手GKが前に弾いたところにMF喜山康平が詰め、左足で押し込んだ。

 3点ビハインドとなった群馬もその1分後にDF小柳達司が右サイドからマイナスに折り返したボールをMF金沢浄が右足で流し込み、1点を返したが、反撃はここまで。松本が3-1の快勝で勝ち点3を手にした。

▼関連リンク
[J2]第29節 スコア速報

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング