川島、結婚後初試合を白星で飾れず…スタンダールは5失点敗戦

ゲキサカ / 2014年9月14日 18時7分

[9.13 ベルギーリーグ第7節 スタンダール・リエージュ3-5オーステンデ]

 ベルギーリーグは13日、第7節を行った。日本代表GK川島永嗣とFW小野裕二が所属するスタンダール・リエージュはホームでオーステンデと対戦し、3-5で敗れた。川島、小野は揃って先発フル出場した。なお、小野の先発出場は13年5月23日に行われたプレーオフのゲント戦以来となる。

 公式戦6試合白星がないスタンダールは、前半26分に試合を動かす。左サイドでMFポール・ジョゼ・ムポクのパスを受けたDFイェレ・ファン・ダンメが深い位置からマイナスに折り返し、FWジェフ・ルイが左足で流し込んで、スタンダールが先制に成功した。

 その後もスタンダールの時間が続いた。前半アディショナルタイムには相手陣内でのインターセプトからチャンス。ルイがドリブルでPA内に侵入し、左足で狙うもGKの好守に阻まれて追加点とはならず、1-0で前半を折り返した。

 後半開始から反撃に出るオーステンデは同3分、MFミヒエル・ヨンクヘーレの左クロスをFWエリマン・クリバリーがヘディングで決め、1-1と試合振り出しに戻すと3分後の6分には、カウンターから最後はFWセバスティアン・シアニが右足シュート。川島の左手をかすめてゴールネットを揺らし、2-1と一気に試合をひっくり返した。

 逆転を許したスタンダールは後半15分、ゴール前に斜めに走り込んだFWイゴール・デ・カマルゴへMFムヤンギ・ビアがスルーパス。これをデ・カマルゴが豪快にゴール左隅へ突き刺し、2-2とした。しかし、5分後の20分にセットプレーから失点すると、同26分にも追加点を許してしまった。

 2-4と2点を追いかける展開となったスタンダールは、後半28分にデ・カマルゴとDFローラン・シマンのヘディングシュートが立て続けにクロスバーを叩く。同32分には、左CKからニアにいたビアがヘディングシュートを決めて、1点差としたが反撃もここまで。後半アディショナルタイムにも失点したスタンダールが3-5で敗れて、公式戦7試合白星なし(2分5敗)となった。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング