2位松本が3か月ぶり黒星…5位岡山が上位対決制す

ゲキサカ / 2014年9月14日 20時48分

[9.14 J2第31節 松本1-2岡山 松本]

 2位松本山雅FCはホームで5位ファジアーノ岡山に1-2で敗れ、13試合ぶりの黒星を喫した。6月14日の北九州戦(0-1)以来、3か月ぶりとなる今季5敗目。岡山は3試合ぶりの白星となった。

 先制したのはアウェーの岡山。前半20分、左サイドのスローインを受けたFW石原崇兆がドリブルで持ち込み、左45度の位置から右足を振り抜く。カーブをかけた鮮やかなミドルシュートがゴール右隅に吸い込まれ、GKは一歩も動けなかった。

 1点リードで折り返した後半も岡山はMF久保裕一やFW押谷祐樹が積極的にミドルシュートを放つなど果敢に追加点を狙う。しかし、松本も後半36分、GK村山智彦のロングキックから途中出場のFW山本大貴が抜け出し、左足で同点弾。相手のクリアミスを見逃さず、1-1の同点に追いついた。

 そのまま試合終了かと思われた後半アディショナルタイム、岡山が劇的な決勝点を奪う。カウンターから石原のスルーパスに抜け出したFW荒田智之が右足ミドルをゴール左隅にねじ込んだ。土壇場の勝ち越しゴールで2-1と突き放し、上位対決を制した。

▼関連リンク
[J2]第31節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング