[2014 Rookie League]水戸商と3-3ドローの佐野日大がBグループ優勝!

ゲキサカ / 2014年9月15日 7時51分

[2014 Rookie League]水戸商と3-3ドローの佐野日大がBグループ優勝!

[9.14 2014 Rookie LeagueBグループ第7節 水戸商高 3-3 佐野日大高 時之栖裾野G]

 関東、静岡の強豪18校の1年生たちが優勝を争うU-16大会「2014 Rookie League」は14日、Bグループ最終節を行い、首位・佐野日大高(栃木)対3位・水戸商高(茨城)戦は、点を奪い合った結果、3-3で引き分け。首位を守った佐野日大のBグループ優勝が決まった。なお、3位の水戸商は15日にAグループ8位の鹿島学園高(茨城)と入れ替え戦を戦う。

 2位以下を勝ち点3差以上突き放して最終節を迎えた佐野日大は、この試合を引き分け以上で終えれば、自力での優勝が決定。対して首位と勝ち点差3の3位・水戸商は得失点差の関係で優勝こそ難しい状況だったが、勝ち点12で並ぶ2位・桐蔭学園を上回ればAグループ昇格が決まる。

 その水戸商が立ち上がりにラッシュをかけた。前半9分にFW石塚大輝、同11分にはMF黒澤立樹が連続ゴール。2-0された佐野日大も17分にMF柴崎和三が決めて1点差とした。柴崎とMF野澤陸を起点に左MF小森葵平のドリブル突破などから同点ゴールを目指す佐野日大に対し、水戸商はカウンターからチャンスをつくり、MF谷田部晶の右クロスを石塚が合わせ、左クロスにFW川上達也が飛び込むなど3点目の好機を生み出した。

 後半7分、佐野日大は右SB小澤亮祐のアシストからFW長崎達也が同点ゴール。さらに13分には野澤からのパスを受けたMF大熊啓太が勝ち越し点を挙げる。だが水戸商も24分にMF信田晃希が同点弾。応援に駆け付けた互いの父母たちの歓声も響き渡った熱戦は3-3のまま試合終了を迎え、佐野日大が優勝を決めた。

▼関連リンク
2014 Rookie League特集ページ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング