[アジア大会]19歳の誓い、なでしこFW増矢「もっと積極的に」

ゲキサカ / 2014年9月16日 0時40分

[アジア大会]19歳の誓い、なでしこFW増矢「もっと積極的に」

[9.15 アジア大会GL第1戦 日本女子0-0中国女子 南洞]

 前日の9月14日に19歳になったばかりのフレッシュガールだ。日本女子代表(なでしこジャパン)に初選出された1995年生まれのFW増矢理花は13日のガーナ戦でなでしこデビューを飾り、15日に行われたアジア大会初戦の中国戦で引き続き先発を任された。

 しかし、前線でボールをなかなか収められなかったことで「立ち上がりはボールを失ったりして消極的なプレーが続いてしまいましたし、前半はなかなかシュートまで行けませんでした」と反省を口にした。

 だが、後半に入って積極的な仕掛けで攻撃にリズムを生み出すと、後半12分には右サイドから切り込んで強烈なシュートを放つ。GKにセーブされて惜しくも得点とはいかなかったが、「受ける前からシュートを意識していたし、後半は積極的に行こうと思っていたのでシュートまで行けて良かったと思います」と前半とは違う姿を見せられたと話した。

 佐々木則夫監督は課題を挙げつつも、増矢の積極性を評価している。「彼女がタメを作れればチャンスはもっとあったと思いますが、ミスも前を向いて仕掛けるということを意欲的にやったものだし、逃げずにチャレンジしたことは良かったと思います。僕は非常に評価しています」。

 なでしこの一員として初の国際大会に「緊張はありました」と話した増矢だが、次戦に向けて意気込みを示した。「もっと積極的にシュートを打って、ゴールへの姿勢を出していきたいです」。19歳になったばかりの背番号12は、次戦以降でのなでしこ初ゴールを狙う。

(取材・文 折戸岳彦)
▼関連リンク
第17回アジア競技大会特集ページ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング