[Fリーグ]後半の4ゴールで名古屋が北海道に逆転勝利

ゲキサカ / 2014年9月16日 10時15分

[Fリーグ]後半の4ゴールで名古屋が北海道に逆転勝利

[9.14 Fリーグ2014/15第12節 名古屋 6-4 北海道 テバオーシャン]

 Fリーグは14日、各地で第12節を行い、名古屋オーシャンズはエスポラーダ北海道と対戦した。

 3試合未勝利(1分2敗)の北海道は、前半7分にFP本田拓磨が先制ゴールを挙げる。FPラファエル・サカイに同点ゴールを決められても、わずか9秒でFP鎌塚聖哉が再び勝ち越し点を挙げると、前半終了間際にFP水上玄太が2ゴールを挙げて4-2で前半を終えた。

 しかし、直近の8戦無敗(7勝1分)の名古屋も、後半に反撃を見せる。後半14分にFP森岡薫のゴールで1点差に詰め寄ると、その1分後にもラファエル・サカイが2点目をマーク。試合終了間際の19分にFP吉川智貴が逆転ゴールを決めると、同20分にはFPシンビーニャが勝利を決定付けるゴールを決めて、名古屋が逆転で6-4の勝利を収めている。

 神戸セントラルで、名古屋は20日にバサジィ大分と対戦する。一方、北海道は次戦、19日にデウソン神戸と対戦する。

[写真]2ゴールを挙げたFPラファエル・サカイ

名古屋オーシャンズ 6-4(前半2-4) エスポラーダ北海道
<得点者>
[名]渡邉知晃(14分)、ラファエル・サカイ2(17分、36分)、森岡薫(34分)、吉川智貴(39分)、シンビーニャ(40分)
[北]本田拓磨(7分)、鎌塚聖哉(17分)、水上玄太2(20分、20分)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング