度重なる大けが乗り越え…C大阪MF吉野がプロA契約

ゲキサカ / 2014年9月18日 15時14分

度重なる大けが乗り越え…C大阪MF吉野がプロA契約

 セレッソ大阪は18日、MF吉野峻光がプロC契約からプロA契約へ変更したと発表した。吉野は今月7日に行われたナビスコ杯・川崎F戦の出場により、プロA締結条件である通算出場時間のJ1出場450分を達成していた。

 吉野は2012シーズンに国士舘大からC大阪へ入団するも、12年11月に左膝前十字靱帯断裂および左膝内側側副靱帯部分断裂の重傷を負った。さらには、戦線復帰を目指していた13年7月には膝前十字靱帯断裂で全治約8か月と診断されていた。しかし度重なる重傷に苦しみながらも、復帰を果たすと、晴れてA契約を結ぶに至った。

 クラブを通じて、吉野は「(負傷から)復帰できて、今回A契約への通算出場時間を達成できたことは、チームメイトをはじめスタッフ、関係者そしてサポーターの皆さんのおかげだと思っています。これからもチームのためにがんばりたいと思いますので、応援よろしくお願いします」と感謝の思いを語っている。

プロフィールは以下のとおり

●吉野峻光
(よしの・たかみつ)
■生年月日
1989年4月24日(25歳)
■出身地
京都府
■身長/体重
176㎝/67㎏
■ポジション
MF
■背番号
15
■経歴
静岡学園高―国士舘大―C大阪

ゲキサカ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング