[アジア大会]モヤモヤを晴らせ!! MF矢島「ゴールに絡むプレーを」

ゲキサカ / 2014年9月20日 19時7分

[アジア大会]モヤモヤを晴らせ!! MF矢島「ゴールに絡むプレーを」

 引きずってはいないと語った。しかし、頭の片隅には残っているようだ。17日に行われたグループリーグ第2戦イラク戦に先発出場したU-21日本代表MF矢島慎也は、後半18分に決定機を外してしまい天を仰いだ。「あれを引きずり、ウジウジしてはいられません。…ただ、頭のどこかに残っているんですよ、やっぱり。あそこで決めていれば流れや展開が変わったかもしれないなって」と、3日前のプレーを振り返った。

 決定機を外したとは言え、イラク戦では前半36分に鮮やかなワンタッチパスでMF中島翔哉の得点をアシスト。「点に絡むことを求められてる」と語る自らの役割を、きっちりと果たした場面だった。

 しかし、「(アシストは)良かったとは思いますが、自分は決め切れなかったし、チームが負けてしまったので」と語ったようにモヤモヤしたものが残っている。それを晴らすためにも「イラク戦で決め切れなかった分、次はちゃんと決めたいし、ゴールを狙うだけでなく点に絡むプレー、攻撃のスイッチを入れるプレーを見せてチームの勝利に貢献したい」と21日に行われるネパール戦への意気込みを示した。

 セットプレーの練習ではFW野津田岳人、中島らとともにプレースキッカーを務める。手倉森誠監督が「ゲームの中では大きなウエイトを占める」と語るように、セットプレーが武器となれば、チームにとって大きなアドバンテージとなるだろう。

「一応、(プレースキッカーの)候補みたいな感じです。僕自身、セットプレーを任せられることはなかったので練習は必要ですが、試合になれば距離やシチュエーションを見て、出場している選手で話し合ってキッカーを決められればいいと思う。ただ、もし任せられれば結果を残したいですね」と経験が少ないプレースキッカーの役割も前向きに受け止めている。

(取材・文 折戸岳彦)
▼関連リンク
第17回アジア競技大会特集ページ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング