12戦無敗より4試合勝利なし…F東京FW武藤「次で流れを変えないといけない」

ゲキサカ / 2014年9月21日 3時2分

12戦無敗より4試合勝利なし…F東京FW武藤「次で流れを変えないといけない」

[9.20 J1第24節 川崎F 0-0 F東京 等々力]

 FC東京は20日の川崎フロンターレ戦に0-0で引き分け、リーグ戦4試合連続ドローとなった。13節の徳島戦から実に12試合無敗。しかし、選手たちの頭の中にあるのは、12試合無敗に対する満足感ではなく、4試合未勝利の危機感だ。

「今日に関しては、ゼロに抑えていますし、守備に関してはパーフェクトだった。攻撃のバリエーションを増やすことも必要かなと思います」と話すFW武藤嘉紀は、23日の徳島戦に向けて「やっぱり流れを変えないといけないですし、次の徳島戦が流れを変えるのに絶対に大事な試合だと思うので。何が何でも、どんな形でもいいから徳島戦は勝ち切りたいと思います」と、熱く語る。

 ノーゴールに終わったF東京だが、武藤の好調ぶりは明らかだ。スピードを生かしたドリブルで、何度もロングカウンターを仕掛けた。日本代表に選ばれ、試合に出場し、初ゴールを挙げたことは、疑いなく自信になっている。「自信はだいぶつきましたし、自分で行くところとパスの選択ができるようになりました。前までは、ドリブル、ドリブルで行ってしまっていたのですが、そこでパスの選択も良くなってきたので。そこは個人的に成長したところなのかな。自信もついて、メンタル的に気持ちよくできているのかなと思います」と、代表で得た成果を、充実の表情で語る。

 シーズンも残り10試合を切り、各チーム対策を練っている。当然、他のチームはF東京のカウンター、武藤のスピードに乗った突破を警戒してくる。「相手にカウンターを警戒されている中で、カウンターを成功させるのは、だいぶ難しいですね。そこで少し時間をうまく使って、ボールを収めて回していくことも必要なのかなと思っています」と、武藤も言う。実際に遅攻の精度が上がれば、速攻もより効果的になるはずだ。

 それでも悲観することなく、武藤は言う。「決まるときは決まりますし、流れが悪いときは今日のように決まらないときもあると思います。(点を取るのは)誰でも、本当に誰でもいいので。(自分も)流れを変えるために、精一杯力を出していきたいと思います」と、次節の必勝を期した。
(取材・文 河合拓)▼関連リンク
[J1]第24節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング