[アジア大会]準備万端のDF遠藤「どっちのポジションでも行ける」

ゲキサカ / 2014年9月24日 21時51分

[アジア大会]準備万端のDF遠藤「どっちのポジションでも行ける」

 歓喜の瞬間を味わえなかったが、気を引き締めて自分の戦いに挑む。所属する湘南が前日、史上最速でJ1昇格を決めた。U-21日本代表DF遠藤航はチョウ・キジェ監督やチームスタッフから連絡を受けたと話すと、「とりあえず(昇格が)決まって良かったと思いますし、僕は代表に集中するだけだと思います」と自らの使命を果たそうと決意している。

 この日の練習前にビデオで見たパレスチナの印象を、「結構、意図的にボールをつないでくるというか、後ろからつないでゲームを作ってくるというのが分析にあったので、今までの中東の相手とは違うチームなのかなという印象があります」と語った。

 今までの中東の相手とはイメージが異なるようだが、自分たちのやることは変わらない。「プレッシャーも前から来ると聞いていますが、僕たちはいつも通り(ボールを)早く動かしながら、数的優位を作っていけるような動かし方をすることと、守備になったときは前から行くのか、ブロックを作って守るのかというところをしっかり判断したい」と語ったように、相手云々ではなく自分たちのやり方で勝利をつかもうとしている。

 GL第2戦イラク戦ではアンカーを務め、第3戦ではMF大島僚太とドイスボランチを組んで試合を戦った。パレスチナ戦ではどちらが採用されるかは現時点では分からないとしながらも、「攻守の重心の置き方はちょっと違いますが、前から行くとかボールの動かし方というのはそこまで変わらないと思うので、どちらでも行けるようにしています」と決戦に向けて準備は万端だと語った。

(取材・文 折戸岳彦)
▼関連リンク
第17回アジア競技大会特集ページ

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング