山田2戦連発ならず…カールスルーエは今季初黒星

ゲキサカ / 2014年9月25日 5時43分

[9.24 ブンデスリーガ2部第7節 ライプツィヒ3-1カールスルーエ]

 ブンデスリーガ2部は24日、第7節を行い、MF山田大記の所属するカールスルーエは敵地でライプツィヒと対戦し、1-3で逆転負けした。山田は左サイドハーフでフル出場したが、2戦連発はならず。チームも今季初黒星を喫している。

 カールスルーエは前半33分、MFラインホルト・ヤボの左クロスにFWイリヤン・ミカンスキが合わせ、先制点を奪う。しかし、直後の同37分、MFドミニク・カイザーに直接FKを決められ、1-1の同点で前半を折り返した。

 すると後半立ち上がりの3分に逆転ゴールを許し、後半13分にも3失点目。何とか反撃に出るが、前節・ニュルンベルク戦(3-0)で移籍後初ゴールを決めた山田もこの日は得点に絡むことができず、そのまま1-3で敗れた。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド
ブンデスリーガ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング