京都が駒井の今季初ゴールを守り切り、横浜FCからホーム6戦ぶり勝利

ゲキサカ / 2014年9月28日 20時1分

[9.28 J2第34節 京都2-1横浜FC 西京極]

 J2は28日、第34節を行い、9位の京都サンガF.C,と10位の横浜FCが対戦した。勝ち点差1の両チームにとって、プレーオフ出場圏の6位以内を目指すうえで大事な一戦。試合はMF駒井善成の今季初ゴールで逆転した京都が、その後に退場者を出しながらも2-1で競り勝ち、勝ち点を49に伸ばしている。

 先手を取ったのは、アウェーの横浜FCだった。前半24分、左サイドで縦にボールを運んだMF小池純輝から、オーバーラップしたDF中島崇典にパス。折り返しをMF松下年宏がヘッドでゴールに決めて、1点をリードした。

 反撃に出ていた京都も、アディショナルタイムにCKから同点に追いつく。跳ね返されたボールを回収したDF石櫃洋祐が、右サイドでDFを2人抜き去り、クロスを上げる。これにFW大黒将志が反応して、ニアポストの前に入り込み足先で1タッチシュート。絶妙なループシュートが、懸命に腕を伸ばしたGK南雄太の指先を抜けてゴールに決まり、京都が同点に追いついて前半を折り返した。

 後半に入っても、京都が横浜FCを押し込む時間が続く。後半8分には後方からDF酒井隆介のロングボールを受けた駒井が、最終ラインの裏を取る。中央に大黒もいる状況だったが、ドリブルを選択した駒井はシュート。これがCB松下裕樹とGK南の間を抜けてゴールに決まり、京都が逆転に成功した。

 一進一退の攻防の中で、後半33分には京都が決定機をつくる。しかし、ゴールライン上で体を張った横浜FCの守備に得点を阻まれると、ドリブルを仕掛けて速攻に転じようとしたMF寺田紳一に対して、MF工藤浩平がファウルで倒してしまう。これで2度目の警告を受けた工藤は退場となり、京都は残り時間を10人で戦うこととなった。

 数的不利となって横浜FCに押し込まれた京都だが、アディショナルタイムには決定機をつくる。しかし、大黒のパスをPA内で受けた駒井のシュートはDFにブロックされた。横浜FCも波状攻撃を見せ、MF野崎陽介が右足でコースを狙ったシュートを打ったが、GKオ・スンフンに阻まれた。

 このまま試合は終了。ホームで5試合連続ドローだった京都は、虎の子の1点を守り切り、勝ち点3を上積みした。一方、横浜FCは4試合未勝利(2分2敗)と足踏み状態が続いている。
▼関連リンク
[J2]第34節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング