“オリジナル10”千葉対東京Vはスコアレス

ゲキサカ / 2014年9月28日 21時18分

[9.28 J2第34節 千葉0-0東京V フクアリ]

 ジェフユナイテッド千葉対東京ヴェルディは0-0のドローに終わった。千葉は2戦連続ドロー。勝ち点49で9位に後退した。東京Vは勝ち点31で20位は変わらない。

 両チーム合わせて29本のシュートを放ったが、ゴールネットが揺れることはなかった。千葉は前半途中に接触プレーでFW森本貴幸が流血。それでも止血を終えてプレーに戻ると、37分にヘディングシュートを放つ。しかしGK佐藤優也の好セーブに弾かれ、得点とはならなかった。

 東京Vは「枠」に嫌われた。前半12分のMF鈴木惇のミドルは相手をかすめたが、ポストを直撃。後半35分にはMF中後雅喜が狙い澄ましたミドルシュートを狙ったが、クロスバーを叩き、ネットまでは届かなかった。1万2346人を集めたオリジナル10(Jリーグ開幕から参加するクラブ)同士の決戦は、スコアレスドローで幕を閉じた。

▼関連リンク
[J2]第34節 スコア速報

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング