[Fリーグ]後半に打ち合った湘南と北海道はドロー決着

ゲキサカ / 2014年9月29日 14時0分

[Fリーグ]後半に打ち合った湘南と北海道はドロー決着

[9.27 Fリーグ2014/15第15節 湘南3-3北海道 小田原]

 7試合、勝利から遠ざかっている湘南ベルマーレ(Fリーグ)は、27日にエスポラーダ北海道と対戦し、3-3で引き分けた。湘南は8戦未勝利となり、神戸セントラルで2連勝を飾った北海道も、その勢いを継続できなかった。

 前半、湘南は12本、北海道は15本のシュートを放ったが、互いに得点を挙げられずに後半を迎える。先手を取ったのは、ホームの湘南だった。後半5分、FP岡野健が先制ゴールを挙げると、その7分後にもFP森脩が追加点を挙げて、北海道を突き放す。同11分には、FP本田琢磨が1点を返したが、湘南は再びFP中村猛が得点を挙げて、再び2点差をつけた。

 北海道は残り5分を切り、FP鎌塚聖哉をゴレイロにしたパワープレーを仕掛ける。すると、この戦術が奏功した。後半19分にFP室田翔伍が得点を挙げると、試合終了6秒前、セットプレーから室田翔が再びゴールネットを揺らし、3-3の同点に追いついた。

 このまま試合は終了し、両チームは勝ち点1を分け合った。10月5日に行われる第16節、両チームは舞台を北海道に移して、再び激突する。

湘南ベルマーレ 3-3(前半0-0) エスポラーダ北海道
<得点者>
[湘]岡野健(25分)、森脩(32分)、中村猛(36分)
[北]本田琢磨(32分)、室田翔伍2(39分、40分)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング