今季わずか1勝…危機感強める細貝「勝たなきゃいけない相手」

ゲキサカ / 2014年9月29日 12時32分

今季わずか1勝…危機感強める細貝「勝たなきゃいけない相手」

[9.28 ブンデスリーガ第6節 アウクスブルク1-0ヘルタ・ベルリン]

 ブンデスリーガは28日、第6節3日目を行い、MF細貝萌とFW原口元気の所属するヘルタ・ベルリンは敵地でアウクスブルクと対戦し、0-1で敗れた。古巣とのアウェー戦にフル出場した細貝は「一番最初にお世話になったクラブなので勝ちたかったけど……」と悔やんだ。

 前節のボルフスブルク戦(1-0)で今季初勝利を挙げたヘルタだが、連勝ならず。「勝たなきゃいけない相手の一つだったし、せっかくボルフスブルクに勝ったのに今日勝てなかったのは残念」。前半26分にPKで先制を許すと、攻撃陣が今季初の無得点に終わり、0-1の零封負けを喫した。

「(原口)元気も『形がない』と言いながらやりにくそうにしていた。でも試合に出ているわけなので、自分を含めて戦わなきゃいけないし、球際のところはアウクスブルクの選手のほうが戦っていたのかなと」

 これで今季は開幕6試合を終えて1勝2分3敗。勝ち点5の14位と厳しい戦いが続いている。「失点も簡単な一発でやられているし、もっとアグレッシブに戦うという部分をやっていかないといけない」と危機感を強めていた。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド
ブンデスリーガ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング