[プレミアリーグWEST]G大阪ユース救ったU-18代表GK林「考えるところをもっと極めていかないといけない」

ゲキサカ / 2014年9月30日 14時51分

[プレミアリーグWEST]G大阪ユース救ったU-18代表GK林「考えるところをもっと極めていかないといけない」

[9.27 高円宮杯プレミアリーグWEST第15節 C大阪U-18 1-3 G大阪ユース C大阪舞洲G]

 ライバル・C大阪U-18との首位攻防戦。ガンバ大阪ユースの守護神、U-18日本代表GK林瑞輝主将(3年)がチームの危機を救った。2-1と1点差に迫られて迎えた後半24分、抜け出したC大阪MF沖野将基に決定的なシュートを放たれたが、「抜け出されてもCBの前谷がしっかり付いて来てくれて、相手もそれがプレッシャーだったろうし、自分としてはニアしかなかったので、コース消すだけだった。DFのおかげ」とビッグセーブ。そして「みんなも試合終わった後、『あのシュート、止めてくれてありがとう』と言ってくれるのがあって、そこで自分もやりがいというか、みんなの気持ちを背負ってやっているし、みんなに上手いこと持って行ってもらっているのかなと思いますね。自分はキャプテンも任されているということで、去年よりも責任感もってやっているし、ああいうところで一本止められるかどうかでこれから優勝するかどうか決まってくる。ちょっとしたところを全部止められるGKになっていきたい」と浮かれることなく前を向いた。

 林は昨年、U-17W杯に出場し、今年はU-18日本代表やU-18Jリーグ選抜にも選出されている世代屈指のGK。トップチーム昇格も期待されている注目GKだ。チームは現在リーグで2番目に少ない17失点で首位。DF陣を動かし、ビッグセーブでゴールを守る林の存在は非常に大きい。「失点多いと勝てない。だんだん失点も減ってきてこのままこの意識のまま継続できればいいと思います。トレーニング自体は変わったことはなくて、まず先制点をやらないことを意識している。味方が大体複数点取ってくれているので、1失点しても慌てることなくやれているのが大きい」。味方のサポートを受けながら、失点しても前向きにプレーできている。また、コーチ陣は好プレーが続く要因として、彼の意識が変わったことも指摘する。林は「吉田(宗弘)コーチは試合前に結構話してきてくれて『冷静に、失点しても慌てない』と。今年吉田コーチになってそれを一番学べたと思います。いつも、何があっても熱くなり過ぎず、客観的に見ることを心がけている」。

 トップチーム昇格のために結果を出さなければならないという思いも、林をいい方向に向かわせているようだ。「トップに近づくためには、GKとして目に見える結果を残していかないといけないと思っている。無失点で終えるように味方を動かして、試合展開を予想して頭を使えるGKにならないといけないと思います。試合の流れを読むというか、自分はGKの中で身長もない方なので、シュートストップもレベル上げていかないとダメですけど、考えるところをもっと極めていかないといけない」。熱くなり過ぎず、頭をフル回転させてピンチの数を減らし、ゴールを守ること。高い目標を達成するために、成長し続けている。

 まずは仲間とともに目の前の目標を達成することに集中。「(プレミアリーグが)残り3試合となってきて、下ともそんなに差がないので負けたらダメという試合が続くんですけど、自分が失点しなければ負けることはない。そして失点しても(我慢して)味方の点を待って負けないことを目指したい」。仲間たちとともに日本一を勝ち取り、プロの世界へ進む。

(取材・文 吉田太郎)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング