[プレミアリーグWEST]7節以降は7勝1分1敗、進撃続く京都U-18が富山一に5発快勝

ゲキサカ / 2014年9月30日 21時38分

[プレミアリーグWEST]7節以降は7勝1分1敗、進撃続く京都U-18が富山一に5発快勝

[9.28 高円宮杯プレミアリーグWEST第15節 京都U-18 5-0 富山一高 京都サンガF.C.東城陽G]

 高円宮杯U-18サッカーリーグ2014 プレミアリーグWESTは28日、第15節2日目の京都サンガF.C.U-18(京都)対富山一高(富山)戦を行い、京都が5-0で快勝した。残り3試合で京都は8勝2分5敗の5位、富山一は2勝3分10敗で残留圏内の8位につけている。

 第7節から5連勝を飾るなど、13節までの7試合を6勝1分と快進撃を見せていた京都。だが、前節の首位・G大阪ユース戦では1-2で競り負け、逆転優勝が遠のいた。チームのモチベーションが下がってもおかしくない中で迎えた富山一戦。ただ、川勝博康監督が「次からJユースカップも始まりますし、ひとつレベルがこのゲームの中で上がるようにチャレンジしようということで送り出しました」と説明し、来季トップチーム昇格内定のU-19日本代表MF奥川雅也(3年)が「監督から言われたんは、とにかく勝ちにこだわって、勝ちにこだわりつつ得るものを得て行こうということ。怖がらず自分のプレーを出していこうと言っていました」と振り返る京都は攻守で自分たちの良さを出して快勝をおさめた。

 まずは前半9分、京都は奥川が中央からスピードに乗ったドリブルで仕掛けると、富山一DFが譲り合う形でPAにボールがこぼれる。これにいち早く反応したFW松下英右(2年)が左足でゴールへ流し込む。早くも先制点を奪った京都はマークを外してボールを受け、ドリブル、パスで攻撃をスピードアップする奥川を軸に、前線に当ててからの素早いパス交換などから決定機を連発する。12分には来季トップチーム昇格内定のMF大西勇輝主将(3年)が奥川からのパスを受けて右足シュート。14分には同じく来季トップチーム昇格内定のMF永島悠史(3年)がワンツーから抜け出して右足シュートを放った。

 対する富山一は昨年の全国高校選手権優勝メンバーのMF西村拓真主将やCB村上寛和、GK高橋昂佑(全て3年)が揃って先発したが、3年生は左SB藤井陽平を含めた4人だけであとは1、2年生という若いメンバー。ミスから先制点を献上し、前半は何度も決定的なシュートを打たれる展開となった。それでも21分には藤井のインターセプトから西村が中央突破を図り、23分にはインターセプトからそのまま持ち上がったCB能松大河(2年)が右中間から素早くPAへ縦パスを入れる。これを西村がコントロールして決定機を迎えたが、シュートはわずかにゴール右へ外れてしまった。

 京都は西村の高いキープ力にやや手こずり、ミスから速攻を食らうシーンもあったが、CB平山悠大とCB太田京輔(ともに3年)中心に危なげない守りを見せる。そして24分には、左中間でボールを受けた奥川がスルーパス。このこぼれを拾った永島のスルーパスで奥川が抜け出して2点目のゴールを奪う。さらに34分には奥川の左アーリークロスに走りこんだ大西が右足で3点目。その後も左SB石岡巧丞(3年)の左足ミドルなどシュートを打ちこんでいく。富山一は前半終了間際にFW坂本裕樹(2年)が鋭いターンから中央を駆け上がったが、ラストパスは通らず。3点ビハインドという苦しい展開で前半を折り返した。

 ハーフタイム、富山一は大塚一朗監督から「人任せにしている」「責任感を持て」と激が飛ぶ。後半はその富山一が流れを引き寄せた。しつこいディフェンス、前半はなかなか出なかった一歩が出て、戦う姿勢も明らかに増した。そして攻撃回数も増加。村上が負傷退場したものの、相手にPAまでボールを運ばれても食らいついて決定的なシュートを打たせない。そして19分には右SB放生祥季(2年)とのパス交換からPAに飛び込んだ西村が決定的な右足ボレーを放つ。これはGK遠近眞明(1年)の好守に阻まれたものの、十分に対抗できる力を見せた。大塚監督は「きょうみたいにJ相手だと(自分たちの方が)弱いと思ってちょっと後ろ気味になるんですよね。遠慮気味とか、身体張れないとか、そういうところが弱いのかなと。臆して戦えない。後半の頭なんか見てもできる。だけど、1試合通じてゲームをつくることがまだまだできていない」。我慢強い戦いも見せた富山一だったが、終盤は永島や奥川を軸にサイドにボールを散らしながらも縦に速い攻撃で穴を広げてくる京都に追加点を奪われてしまった。

 33分、ポジションチェンジ直後で一瞬動きの止まった富山一に対し、京都は奥川のスルーパスで交代出場のFW沼大希(3年)が抜け出して4点目のゴール。そして45分にもDFを振り切って攻め上がったMF島村拓弥(1年)のスルーパスからFW三田尻和哉(1年)がGKとの1対1を制してダメ押した。京都は前節の惜敗を払しょくする5-0快勝。大西主将は「優勝の可能性が凄い低い中でモチベーションを維持するのは凄く難しいんですけど、やっぱりボクたち一人ひとりの目標はプロになることとか、高いところにあるのでこの1試合でどれだけ成長できるのか、みんな考えながら臨めたことがいい結果になったと思います」と満足げだった。

 京都は今季、開幕3連敗を喫するなど第6節までわずか1勝。京都U-15時代に全国2冠を達成している期待の世代だったが、守護神・GK若原大志(3年)ら怪我人の影響やまとまりを欠いた影響で結果を出すことができなかった。永島は「自分たちは勝たなければいけないという気持ちがあって、失点したりすると、それが物凄く出て、みんな自分が、自分が、となっちゃっていた」と振り返る。悪い状況を立て直すだけの地力もなかった。ただ、怪我人の穴を埋めた選手たちの成長や、苦境をチーム全員で乗り越えたことで、現在は大西も「チームになればボクたちは力を出せると思う。一人ひとりがやるべきことをしっかりやれていると感じますね」と認めるチームになってきている。

 首位との勝ち点差は8でプレミアリーグ優勝は難しい状況にあるが、Jユースカップでの目標は日本一。川勝監督は「成長していくために最後の12月のゲームまで1試合1試合を大事にして、その結果として何かついてくることが一番ですけど、3年生にとっては次のステージに、1、2年生にとっては来年に繋がるようにできれば」と期待する。そのためにはまた「レベルがひとつ上がる」ように全員で取り組んでいくことが必要。永島は「優勝するためにはもう一段階上がっていかなければならない。突き詰めていきたい」と誓った。

[写真]前半24分、京都U-18は抜け出した奥川が決めて2-0とする
 
(取材・文 吉田太郎)

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング