4位浮上も気を引き締めるファン・ハール監督「90分良いプレーを続けなければならない」

ゲキサカ / 2014年10月7日 17時38分

4位浮上も気を引き締めるファン・ハール監督「90分良いプレーを続けなければならない」

 マンチェスター・ユナイテッドのルイス・ファン・ハール監督は、5日のエバートン戦に2-1で勝利し、4位に浮上したもののパフォーマンスに満足はしていなかった。

 実際にユナイテッドは、エバートンに何度も決定的な場面をつくられたが、GKダビド・デ・ヘアの好セーブによって、僅差での勝利をモノにしていた。「このチームは、もっとできるし、やらなければいけない。それは、私が選手たちに言い続けていることだ」というオランダ人監督の試合後のコメントを『FIFA.com』が伝えている。

「私たちは、まだ良いプレーができていない。しかし、すでに順位表では4位にいるんだ。もし、良いプレーができるようになったら、どうなると思う?」

 チームが改善していることを実感するファン・ハール監督は「試合は90分あるんだ。私たちは、45分間は良いプレーをした。あるいは他の試合では50分、60分、良いプレーをした。しかし、90分間良いプレーを続けなければいけないし、それができるようになるには時間が必要なんだ」と、改善する時間を求めた。

 それでも、勝ち点3を取れた最大の要因はGKデ・ヘアかと問われると「もちろんだ」と答え、スペイン人GKへの賛辞を続けた。「前半の最後に、彼はPKを止めた。また、最後の15分間で、ボックスの外からのシュートを3つも止めた。ああいうのは常に難しい。というのは、大勢のプレーヤーが彼の前にいるからね。視野が確保しにくいんだ。だからこそ、ああいうシュートを止めたのは、素晴らしいことなんだ。私は『GKがこれだけのパフォーマンスを見せてくれるのは、どんな試合でも素晴らしいことだ』と彼に伝えた。彼の自信にもつながるはずだ」と、称賛を惜しまなかった。
▼関連リンク
プレミアリーグ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング