F東京vs広島 試合前 F東京マッシモ・フィッカデンティ監督インタビュー

ゲキサカ / 2014年10月22日 18時56分

F東京vs広島 試合前 F東京マッシモ・フィッカデンティ監督インタビュー

 FC東京は22日、19時からサンフレッチェ広島とJリーグ第29節で対戦する。この試合にF東京はMF河野広貴をベンチスタートにし、出場停止明けのFWエドゥーを先発入りさせた。この意図についてマッシモ・フィッカデンティ監督は、天候、選手のコンディションなどを考慮したものであると言い、「闘争心を非常に高いレベルに持って行かないといけない」と、雨天での一戦への意気込みを語った。

以下、試合前のマッシモ・フィッカデンティ監督コメント

―メンバー変更は3連戦を考慮して?
「そうですね。3試合をこれだけ短いスパンでやるので、何人か代えるにはふさわしいと判断しました。状態は良いので、様子を見て見ましょう。雨が降っていることで、グラウンドも緩くなります。闘争心を非常に高いレベルに持って行かないといけないと思います」

―雨ということでロングボールを出場停止から戻ってきたエドゥー選手に当てて行く?
「グラウンドが滑りやすいということで、非常に危険になってきます。特にGKはボールの対応に苦労すると思います。強いシュートを打っていくこと、ロングボールを狙うことも大きな武器になると思います」

―今日は2トップ? 3トップ?
「河野選手はより中盤に近い選手ですが、今日は純粋な3トップで挑もうと思います」

―天候、選手のコンディション、相手の戦い方。どこを意識した変更?
「すべてです。このような形で鳥栖戦も戦っていますし、試合の中でも3トップに変更することもあるので、問題はありません。また、河野選手に関しては今日のような天気だと、足元でボールをつないで、ドリブルを仕掛けることも難しいですから。あらゆることを考慮してこのメンバーにしました」

―このタイミングで東選手がベンチに戻ったことも頼もしいのでは?
「まだまだコンディションはトップコンディションではありませんが、あれだけ大きなケガから1か月経ち、回復したということは嬉しいことですし、ここからコンディションを上げていけるように様子を見て行きたいと思います。グラッツィエ!」

(取材・文 河合拓)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング