[CL]S・リスボンがシャルケ戦の終盤のPK判定に抗議

ゲキサカ / 2014年10月24日 13時11分

[CL]S・リスボンがシャルケ戦の終盤のPK判定に抗議

 スポルティング・リスボンが、21日の欧州CLシャルケ戦の敗戦について、UEFAに対して抗議文を提出することが分かった。

 S・リスボンはシャルケ戦で前半に退場者を出しながらも、後半に2点差を追いつき、3-3の同点に持ち込んだ。しかし後半アディショナルタイムに痛恨のPKを献上。FWシュポ・モティングに決められ、敗戦を喫した。

 クラブはこのPKの場面を問題視。『スカイ』によると、S・リスボンはUEFAに対して再戦もしくはドローにするように求めているのだという。

 シャルケ側もS・リスボンの行動に反応。「S・リスボンによる抗議によって台無しにされてしまった」と声明を出している。
▼関連リンク
欧州CL14-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング