[Fリーグ]互いに主力を欠く一戦は浦安が浜松に競り勝つ

ゲキサカ / 2014年10月28日 11時18分

[Fリーグ]互いに主力を欠く一戦は浦安が浜松に競り勝つ

[10.26 Fリーグ2014/15 第17節 浜松 2-3 浦安 オーシャン]

 Fリーグは26日、第17節の2試合をオーシャンアリーナで行った。第1試合ではアグレミーナ浜松とバルドラール浦安が対戦した。試合は3-2で浦安が勝利し、2試合ぶりの勝利を収めている。一方、浜松は12戦未勝利(4分8敗)となっている。

 浜松はGK川原永光とFP中村友亮がフットサルのクウェート遠征に参戦中。一方の浦安も、代表合流中のFP星翔太に加えて、負傷のFP小宮山友祐、さらにFP荒牧太郎、FP完山徹一を欠いての一戦となった。

 それでも先制したのは、主力4選手を欠く浦安だった。前半3分に得たCKから、FP三木一将のゴールで先制した。その後は両チームとも得点のないまま、前半を折り返す。

 後半に入ると元日本代表FP高橋健介が得点を挙げて、リードを2点に広げた。浜松もFP曽根田盛将が25分に1点を返すが、わずか1分後に浦安のFP加藤竜馬にゴールを許し、再び点差を広げられてしまう。追いつきたい浜松は、ここから圧力をかけていき、後半13分のFP蓮池紳吾のゴールで再び1点差としたが、このまま試合は終了。浦安が3-2で浜松に競り勝っている。

アグレミーナ浜松 2-3(前半0-1) バルドラール浦安
<得点者>
[浜]曽根田盛将(25分)、蓮池紳吾(33分)
[浦]三木一将(3分)、曽根田盛将(25分)、加藤竜馬(26分)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング