「愚かな」警告を受けたFWファン・ペルシー「感情が爆発した」

ゲキサカ / 2014年10月28日 14時45分

「愚かな」警告を受けたFWファン・ペルシー「感情が爆発した」

 マンチェスター・ユナイテッドのFWロビン・ファン・ペルシーは、26日に行われたチェルシー戦で、アディショナルタイムに同点ゴールを決めて、試合を1-1の振り出しに戻した。

 このゴールを決めた瞬間、ファン・ペルシーはユニフォームを脱いで喜び、警告を受けた。これに対してルイス・ファン・ハール監督は「愚かな行為だ」と非難した。ファン・ペルシー自身も、ユニフォームを脱ぐべきではなかったと認めつつも「ユニフォームを着ていなきゃいけないというのがルールの一つだということはもちろん知ってるよ。だけど、忘れてしまうこともある。あらゆる感情が爆発してしまうような瞬間がそうだ」と、英『Mirror』に説明した。

「素晴らしい瞬間だったし、なにより重要なことに僕らは勝ち点1を手に入れることができた。僕らはそれに値すると思う」

 首位のチェルシーから、勝ち点1を挙げたユナイテッド。今度はシティとのマンチェスターダービーを迎える。その試合に向けて、ファン・ペルシーは自信を見せる。

「誰もが、このクラブが最も高い位置に行きたいことを分かっている。首位だよ。チェルシー戦の結果が、イングランド最高のクラブを目指せることを示している。すぐに欧州のトップも争えると思う。今は過程にあるんだ。僕らは道の途中にいるんだよ。僕たちは、日々良くなっているし、どんなときも前進している」と、新監督の下で成功に向かっていることを強調した。
▼関連リンク
プレミアリーグ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング