讃岐DF大杉が肉離れで全治6週間

ゲキサカ / 2014年10月28日 15時0分

讃岐DF大杉が肉離れで全治6週間

[故障者情報]
 カマタマーレ讃岐は28日、23日の練習中に負傷したDF大杉誠人の負傷状況を発表した。大杉は左ハムストリング肉離れと診断され、全治約6週間の見込み。J2は11月23日に最終戦を行うため、間に合わない。また、讃岐がJ2・J3入れ替え戦に出場することになった場合も、11月30日、12月7日の試合出場は難しい状況だ。

ゲキサカ

この記事に関連するニュース

トピックスRSS

ランキング