[選手権予選]「どうしても点取りたかった」水戸商FW菊池は6分間で3得点の爆発:茨城

ゲキサカ / 2014年10月30日 23時32分

[選手権予選]「どうしても点取りたかった」水戸商FW菊池は6分間で3得点の爆発:茨城

[10.29 全国高校選手権茨城県予選3回戦 水戸商高 7-0 東洋大牛久高 ツインフィールド]

 この日は強烈な存在感を示したFW尾亦力哉の陰にやや隠れて締まった感があるが、水戸商高の点取り屋であるFW菊池優汰(3年)も3得点で勝利に大きく貢献した。

 先制した直後の後半13分に尾亦が右サイドから出したラストパスを得意の形で押し込んだ菊池は、直後にも尾亦のスルーパスで抜け出して右足で2点目のゴール。さらに19分には1年生FW谷田部晶の右クロスをファーサイドで頭で合わせてわずか6分間でハットトリックを達成した。前半チャンスを逸していた菊池は「自分が決めきれずにいたので、どうしても点取りたいということがあった。一気に畳みかけたかったので。FWとしてやっぱり点取れたことは凄い嬉しい」。初戦の1得点に続く3発で今大会の得点数を4とした。

 前線から果敢にプレスをかけてショートカウンターからのスルーパス、クロスから得点を狙うストライカーは「チームのためにゴールを目指して貪欲にやっていきたい」。トレセンで名づけられた愛称は「外人ぽいから」からという理由で「マイケル」。その得点力を今大会で存分に発揮して「チャレンジャーとして全国を目指している」という目標を達成する。

[写真]後半14分、水戸商FW菊池が右足で2点目のゴール

(取材・文 吉田太郎)▼関連リンク
【特設】高校選手権2014

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング