長友所属インテルが日本の旅行代理店とパートナーシップ契約

ゲキサカ / 2014年10月31日 18時4分

長友所属インテルが日本の旅行代理店とパートナーシップ契約

 インテルは30日、旅行代理店STワールドとパートナーシップ契約を締結したと発表した。2年契約となっている。

 STワールドは1987年に設立された日本の旅行代理店で、インテルは目的を「日本からイタリアへの旅の機会を促進することと、インテル・ミラノを身近で楽しむことを可能にし、お金で買うことできない経験を提供すること」と説明している。

 クラブによると、契約はインテルの練習場「アッピアーノ・ジェンティーレ」で行われ、インテル副会長のハビエル・サネッティ氏のほかに長友も出席して行われたという。
▼関連リンク
欧州組完全ガイド
セリエA2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング