長友欠場インテルは最下位に苦杯…ローマ敗れユベントスが再び単独首位に

ゲキサカ / 2014年11月2日 9時22分

長友欠場インテルは最下位に苦杯…ローマ敗れユベントスが再び単独首位に

 セリエAは1日、第10節を各地で行った。日本代表DF長友佑都の所属するインテルは敵地でパルマと対戦し、0-2で敗れた。長友はふくらはぎ痛のためメンバー外だった。

 6連敗中の最下位パルマにまさかの敗戦だ。インテルは前半10分、右クロスをMFパオロ・デ・チェリエに押し込まれ先制を許すと、後半31分にはFWアントニオ・カッサーノのシュートのこぼれ球をまたもデ・チェリエに押し込まれてしまう。2連勝と復調気配にあったインテルだが、この日は攻撃陣が沈黙。パルマに今季2勝目、初のクリーンシートを許し、完敗した。

 ユベントスは敵地でエンポリと対戦し、2-0で勝利した。後半16分にMFアンドレア・ピルロの直接FKで先制すると、同27分にはFWアルバロ・モラタが左足で押し込み、勝利を決定づけた。

 ローマは敵地でナポリに0-2で完敗。前半3分にFWゴンサロ・イグアインにゴールを許すと、後半40分にはFWホセ・カジェホンにダメ押し点を奪われた。前節ユベントスに勝ち点で並んだローマだが、再びユベントスに単独首位の座を譲っている。
▼関連リンク
欧州組完全ガイド
セリエA2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング