[選手権予選]「限界のその先へ」徳島北が初の決勝進出!:徳島

ゲキサカ / 2014年11月5日 9時2分

[選手権予選]「限界のその先へ」徳島北が初の決勝進出!:徳島

[11.1 全国高校選手権徳島県予選準決勝 徳島科学技術高 0-4 徳島北高 徳島市球技場]

 第93回全国高校サッカー選手権徳島県予選準決勝が1日、徳島市球技場で行われ、徳島北高が徳島科学技術高に4-0で快勝し、初の決勝進出を果たした。

 立ち上がりに好機を掴んだのは徳島科技。徳島北の佐藤城介監督が「相手の前にはスピードがあって、テクニックのある選手がいた。うちのSBが上がった隙を上手く突かれてしまった」と口にしたように後方から右のFW丸山万葉、左のMF山田篤弥へ展開。2人が前線の矢口隆斗と絡みながら、バイタルエリアに切り込む攻撃で徳島北に襲い掛かった。しかし、徳島北はGK富永悠介ら守備陣が集中力と粘り強さを発揮し、フィニッシュまで持ち込ませず。シュートを3本に抑え込むと、次第にリズムは徳島北へと傾いていく。

「自分たちの持ち味はサイドからの突破だと思うけど、今大会はリスクを恐れて縦へ急ぎ過ぎていた。でも、今日はサイドの幅をしっかり採って、自分たちの攻撃が出来るようにとミーティングで話をした。狙い通りの展開だったと思う」(佐藤監督)とサイドから活路を見出し始めた徳島北は、17分に中央から左に開いたMF重本玄太のクロスをMF滝川皓也がゴール前で受けるとループシュートでGKの頭上を破って先制。33分にも中盤から重本が前線にフィードを展開し、まっすぐゴール前に伸びたボールに反応したFW藤井勇人がGKの直前で、頭で押し込んだ。

「試合前から2点目を獲らないとダメだと話していた」(佐藤監督)というプラン通りの展開で前半を終えた徳島北は後半に入ると、サイド攻撃が更に活性化。2列目からの仕掛けに加え、「サイドハーフからの仕掛けに加え、SBの攻め上がりも僕らの持ち味」と話す右SB高畠淳也と左SB里出怜夫が前方を何度も追い越し、相手DFに圧力をかけていく。後半8分には左サイドから大きくサイドを変え、右を駆け上がった高畠の下へ。相手DFのプレスに負けず、CK付近まで持ち込むとPAへパスを入れた。相手守備陣が弾いたこぼれ球を藤井がPA右で拾い、再び中に繋ぐと、最後はFW播磨栄治が決めて3点目。終了間際の39分にも途中から入ったFW坊野傑の折り返しを反対サイドの滝川が決めて、4-0で徳島科技を下した。

 創部以来の初となる選手権予選決勝進出の力となったのは3年生の力大きい。例年ならば大学受験のため総体を機に引退し、“夏の徳島北”というイメージが強かったが、「総体で決勝まで行ったけど、徳島市立に負けて悔しい思いをした3年生が多かった。皆でもう一回、頂点を目指そうと話し合った」(高畠)と主力の大半が高校サッカー生活の延長を決めた。決勝の相手は夏と同じ徳島市立。高畠は「一番やりたかった相手が決勝に来てくれた。絶好のリベンジの機会なので、夏の借りを返したい」と意気込む。部旗に掲げられた言葉は「限界のその先へ」。長年、超える事の出来なかった準決勝の壁を越えた選手たちは次なる限界に挑む。

(取材・文 森田将義)▼関連リンク
【特設】高校選手権2014

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング