「ボールがゴールに入りたがらない日もある」バルサは無得点で首位陥落

ゲキサカ / 2014年11月2日 16時2分

「ボールがゴールに入りたがらない日もある」バルサは無得点で首位陥落

[11.1 リーガ・エスパニョーラ第10節 バルセロナ0-1セルタ]

 リーガ・エスパニョーラは1日、第10節を行い、バルセロナはホームでセルタに0-1で敗れた。前節のクラシコに続く連敗で首位からも陥落。ルイス・エンリケ監督は、再三のチャンスに決め切れなかった試合内容について「効率性に欠けた」と振り返った。クラブの公式サイトが指揮官のコメントを伝えている。

 前半11分にFWネイマールのシュートがクロスバーを直撃するなど立ち上がりからチャンスをつくりながら、相手GKの好セーブもあり、1点を取れない。後半2分には再びネイマールがクロスバー直撃のシュート。同35分にはFWリオネル・メッシの直接FKもクロスバーに阻まれた。

「我々は19回もチャンスをつくり出したが、効率性に欠けた」。試合を支配し、何度となく決定機をつくった。しかし、運にも見放されたこの日のバルセロナには最後までゴールが遠かった。「我々は勝利にふさわしい試合をしたと思う」と強調する指揮官は、同時に長いシーズンでは「こういう日もある」と冷静に受け止めている。

 MFイバン・ラキティッチも「ボールがゴールに入りたがらない日はある。下を向く必要はない。今までのように続けていき、顔を上げて、より向上することを目指すことだ」と力説。「サッカーにはこういう日がある。僕らが練習を続けていけば、最後にはボールも(ゴールに)入るようになる」と、過剰にネガティブになる必要はないと語った。

▼関連リンク
リーガ・エスパニョーラ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング