[選手権予選]古豪・熊本農健闘も、全国総体準優勝の大津が4発勝利:熊本

ゲキサカ / 2014年11月7日 6時59分

[選手権予選]古豪・熊本農健闘も、全国総体準優勝の大津が4発勝利:熊本

[11.2 全国高校選手権熊本県予選準々決勝 大津高 4-0 熊本農高 水前寺公園競技場]

 第93回全国高校サッカー選手権熊本県予選準々決勝が2日、水前寺公園競技場で行われた。今夏の全国高校総体で準優勝した大津高と古豪・熊本農高が激突した試合は、後半に攻撃陣が爆発した大津が4-0で快勝した。
 
 立ち上がりから攻勢に試合を進めたのはしっかりと守備ブロックを作って守りを固め、中盤で出足の良さを見せた熊本農だった。MF松本裕貴(3年)を中心に素早くサイドに展開し、FW中田竜也主将(3年)とFW山内丈(3年)の両ウイングがボールを前線に運んでチャンスを演出。最後の局面での精度を欠いて得点とはならなかったが、試合の主導権を握った。一方、大津はMF田原悟(3年)とMF平岡拓己(3年)のダブルボランチから先にボールが運べず、なかなか攻撃の形を作ることができない。両サイドに位置するMF古庄壱成(3年)、MF坂元大希(3年)も相手の粘り強い守備を前に沈黙し、苦しい時間帯が続いた。
 
 しかし、大津の悪い流れを主将が払拭させた。前半39分、大津は前線からプレッシャーを掛けてFW一美和成(2年)が高い位置でボールを奪うと、ゴール前で坂元からラストパスを受けたMF葛谷将平主将(3年)が、角度の無い位置から左足で豪快にニアサイドを打ち抜く。熊本農の守護神、GK木戸春慶(3年)が一歩も動く事ができなかった一撃はネットを揺らし、チームに貴重な先制点をもたらした。
 
 この得点によってリードして折り返した大津は後半、「一美の周りで人を増やしたかった」(平岡和徳監督)という理由から、MF吉武莉央(2年)を投入。4-2-3-1から、葛谷と吉武を2シャドーに並べた4-1-4-1システムに変更した。すると、この布陣が見事に的中する。葛谷が少し下がり目の位置で試合をコントロールし、長短を織り交ぜたパスで攻撃のリズムを生み出すと、後半から入った吉武も、前半は孤立するシーンも多かった一美の近くでボールを受け、スルーパスなどからチャンスを演出。後半12分には、吉武が坂元のシュートから混戦になったところを押し込んで追加点を奪った。リードを広げ、勢いが出てきた大津は熊本農の息の根を止めるべく3点目を狙いにいくと、30分にはDF河原創(2年)の左CKをCB野田裕喜(2年)が頭で合わせて待望の3点目。32分には途中出場のDF時松拓海(3年)のパスに反応した途中出場のFW原岡翼(2年)が決めて勝負を一気に決めた。
 
 試合終盤の37分には、熊本農CB林奨二郎(3年)の直接FKがクロスバーを直撃。あわやというシーンを作られたが、このまま無失点で試合を締めくくった。 
 
「準々決勝はひとつポイントでした。ゴール前を固めてくるようなチームが最後まで足が付いてくると嫌ですよね。むしろ、うちのようにパスを繋いでくるようなチームの方が淡白でハメやすい。セットプレーとかもうちのGKが小さいことを知っていて、そこに絡めてくるボールを蹴って来た」と、大津の平岡監督のコメントがこの日の相手のしたたかさを物語っていた。昨年の選手権予選では準決勝敗退を喫し、悔しい思いをした中で挑む今大会。「今日の試合の収穫は次に進めたこと」という指揮官の言葉から油断はない。準決勝を突破し、全国総体ファイナルのリベンジを果たす舞台に辿り着けるか。昨年と同じ失敗だけは許されない。
 
[写真]前半39分、葛谷のゴールを喜ぶ大津イレブン

(取材・文 松尾祐希)▼関連リンク
【特設】高校選手権2014

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング