ローマ戦先制アシストのアラバ、膝の内側靭帯負傷で数週間離脱

ゲキサカ / 2014年11月6日 16時29分

ローマ戦先制アシストのアラバ、膝の内側靭帯負傷で数週間離脱

 バイエルンは5日、DFダビド・アラバが膝の内側靭帯を負傷したことを発表した。復帰まで数週間かかる見込み。アラバは同日行われたUEFAチャンピオンズリーグ(欧州CL)グループリーグ第4節のローマ戦で先発出場し、後半36分に途中交代していた。

 バイエルンは前半38分にDFダビド・アラバが左サイドを突破し、マイナスに折り返したボールをFWフランク・リベリが右足で流し込み、先制点。後半19分にはFWロベルト・レワンドフスキの左クロスをMFマリオ・ゲッツェが右足で合わせて、2-0でローマに完封勝利した。これにより、4連勝としたバイエルンが2試合を残してグループリーグ首位通過を決めている。

 先制点をアシストし、勝利に貢献したアラバの離脱にジョゼップ・グアルディオラ監督は、「ダビド(・アラバ)は完成された選手で、どのポジションでもプレーすることができる。彼が2、3か月欠場することになったら残念だ。クリスマス後には復帰できることを祈っている。彼の柔軟性は我々のゲームにとても重要だ」と、アラバの負傷離脱を嘆いた。

▼関連リンク
ブンデスリーガ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング