2度目のタイトルを目指すG大阪 前日練習後の選手コメント

ゲキサカ / 2014年11月8日 12時11分

2度目のタイトルを目指すG大阪 前日練習後の選手コメント

 ナビスコ杯は8日に決勝を行う。前日の7日、埼玉スタジアムでは両チームが公開練習を行い、決戦に向けて調整した。7年ぶり2度目のナビスコ杯優勝を目指すガンバ大阪のFW宇佐美貴史は、「自分を追い込んで、勝てなければ自分の責任というくらいに追い込んでやりたいです」と、意気込みを語った。

 以下、前日練習後のG大阪選手コメント

●FW宇佐美貴史(G大阪)
―いよいよ決勝戦です。
「この試合でどれだけチームを引っ張れるかで、この先の分岐点になる。自分にプレッシャーをかけながら、プレー出来ればいいなと思っています。ファイナルということで、普段にない感情でプレー出来ると思う。プレッシャーもそうですし、(タイトルを)獲りたいという気持ちもそうですし、そういう時のほうが、感情をぶつけられていると思うので、良いプレーが出来るんじゃないかなと思っています」

―最近、得点から遠ざかっている。
「取れてない中で全く違う気持ちというか、個人的に大一番が好きなので、普段ない感情を持ったほうが、自然とプレー出来るときが多い。点が取れてない中で、僕自身のリズムを変えられる試合が目の前に来たというのはラッキーかなと思います」

「極論を言えば勝てれば点はいらないが、勝つためには僕の点が必要なのかなと思う。自分を信じてやれれば。点取れる雰囲気がないときの方が取れる。いい感じでやれるんじゃないかなと思います。その辺は自分を追い込んで、勝てなければ自分の責任というくらいに追い込んでやりたいです」

―決勝戦でプレーすれば、ご自身、プロ入り後初のことになるかと思います。
「自分が貢献しながらの決勝というのはプロ入り後初めてなので、特別な感情は全員があると思いますけど、僕自身も普段にない感情はあります。あまりプレッシャーはなかったというか、ガンバの時(2009年天皇杯)もスタンドで観戦していたし、(バイエルン時代の)ドイツ杯もスタンドから見ていた。欧州CLはベンチに座っていましたけど、出る気配は全くなかった。そういう意味では(自分が出て)勝てばタイトルという試合は始めてです」

「まだ普段通りですが、明日、スタジアムに入ってからどんどん湧き上がってくると思います。ガンバで生まれ育って、ガンバにタイトルをもたらすチャンスはそうそう巡ってくることじゃない。そういうチャンスが巡ってきて、だからこそ絶対に獲って、大阪に帰りたいなと思っています」

―やはり決勝戦は特別?
「決勝に入るにあたっての世界的な選手の試合への入り方は肌で感じてきたつもり。そういう意味では(明日の試合で)空気にのまれることはないだろうと思います。(欧州CLの決勝は)ミュンヘンでやったってのもありますけど、試合中はひしひしと感じた。もちろんそういう感情を持っても負ける時はありますけど、経験を生かせればと思います。不安は全くない。ワクワクというか楽しみですね」

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング