コルドバ、PKも数的優位も生かせずドロー…ハーフナーは招集外

ゲキサカ / 2014年11月8日 13時38分

[11.7 リーガ・エスパニョーラ第11節 コルドバ0-0デポルティボ]

 リーガ・エスパニョーラは7日、第11節の1試合を行い、FWハーフナー・マイクの所属するコルドバがデポルティボをホームに迎えた。試合は最後までスコアが動かずに0-0のまま終えた。

 前半16分にFKの流れから、PA内でDFダニエル・ピニジョスがFWエウデル・ポスチガのファウルを誘いPKを獲得したコルドバ。しかし、MFフェデリコ・カルタビアのPKはGKファブリのセーブに遭い、ネットを揺らせなかった。

 さらに前半29分にはポスチガが2度目の警告を受けて退場し、コルドバが数的優位に立った。だが主導権を握りながらも、最後までデポルティボゴールをこじ開けられず。スコアレスのまま、試合終了のホイッスルが吹かれた。

 リーガで唯一の未勝利が続くコルドバは6分5敗の最下位。なお、ハーフナーは6試合連続で招集外だった。

▼関連リンク
欧州組完全ガイド
リーガ・エスパニョーラ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング