モウリーニョ、ジエゴ・コスタの代表招集外を喜ぶ

ゲキサカ / 2014年11月8日 14時28分

モウリーニョ、ジエゴ・コスタの代表招集外を喜ぶ

 チェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督はFWジエゴ・コスタがスペイン代表に招集されなかったことを喜び、8日のリバプール戦で先発起用する考えを明らかにした。

 7日に発表されたスペイン代表メンバーから外れたジエゴ・コスタ。モウリーニョ監督はクラブの公式サイトで「私は喜んでいるよ。しかし、そのために私が何かをやったわけではないということを明確にしたい」とコメントしている。

「水曜の試合で私は彼をベンチに置いた。しかし、状況が良くなかったために、彼を守ることができなかった。彼を45分間、プレーさせなければならなかった」

 5日の欧州CLマリボル戦(1-1)では0-0の後半開始から途中出場したジエゴ・コスタだが、リバプール戦には先発できそうだという。そして、その後、完全休養の期間を設ける考えを明かした。

「彼は明日の試合に先発する準備ができる。そして、その後、15日間休むことができれば、適切に働くことができる。この試合のあとには、ジエゴのためのプランがある。トレーニングや治療を行わず、完璧に休む期間を設ける。数日、彼をただ休ませる。その後に彼は特別な取り組みを行う」

「彼にとっても我々にとっても代表チームにとっても非常に良いニュースだ。優れた状態のジエゴがいることは、それほどでもないジエゴがいることよりも、スペインフットボール協会にとっても良いことだ」

▼関連リンク
プレミアリーグ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング