モウリーニョ、11戦無敗で首位快走も“無敗優勝はない”

ゲキサカ / 2014年11月10日 13時16分

モウリーニョ、11戦無敗で首位快走も“無敗優勝はない”

[11.8 プレミアリーグ第11節 リバプール1-2チェルシー]

 8日に行われたプレミアリーグ第11節でリバプールから2-1の逆転勝利を収め、開幕からの無敗を続けるチェルシーのジョゼ・モウリーニョ監督は「良いスタート」と語っている。

 クラブ公式ウェブサイトによると、モウリーニョ監督はリバプールに先制を許したことに対して、「リバプールが得点したことは劇的なことではなかった。彼らは良いプレーを続けていたからね」と話して相手チームを称賛。しかし、「私はビハインドを背負うことは恐れない。なぜなら、チームはとても安定していて自信に満ちているからね」と自らが率いるチームへの信頼を示した。

 9勝2分の無敗で首位を走ることに、「良いスタートだし、私のチームがこの安定感を維持できると信じているが、いつか我々は負けるだろうし、ネガティブな時期が訪れると分かっている。ただ、それに向けての準備ができているよ」と、無敗での優勝はないとしつつも、5シーズンぶりのリーグ制覇に向けて準備に怠りはないとした。

▼関連リンク
プレミアリーグ2014-15特集

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング