指揮官不在の練習に本田「めずらしいこと」

ゲキサカ / 2014年11月10日 21時7分

指揮官不在の練習に本田「めずらしいこと」

 指揮官不在の中、日本代表合宿がスタートした。メキシコ企業が主催するサッカー殿堂に選出されたハビエル・アギーレ監督は練習前のミーティングに参加後、チームを一時離脱。ホンジュラス戦前日の13日に再合流する予定だが、この日はスチュアート・ゲリングコーチ、フアン・イリバレンフィジカルコーチが中心となって練習の指揮を執った。

 FW本田圭佑(ミラン)は異例の指揮官不在の状況について「めずらしいこと」と言及。練習前にアギーレ監督から説明があったことを明かし、「聞いたのは、すごい賞をもらいに自国に帰るということ。監督、協会ともに、この2試合の重要さは理解しているし、(式典サイドに)スケジュールの変更を求めたけど、実現しなかったと。しょうがないですよね」と、苦渋の決断だったことに理解を示した。

「前日には帰ってくるということだし、2、3日の話。監督がいようがいまいが、大事な試合という位置付けは変わらないし、しっかり引き締めて練習に取り組まないといけない」と、表情を引き締めていた。

(取材・文 西山紘平)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング