日本代表合宿2日目…小林が左膝を痛めるアクシデント

ゲキサカ / 2014年11月11日 20時36分

日本代表合宿2日目…小林が左膝を痛めるアクシデント

 日本代表は11日、愛知県内で合宿2日目を練習を行った。この日からMF香川真司(ドルトムント)、GK川島永嗣(スタンダール・リエージュ)も合流し、全23選手で14日のホンジュラス戦(豊田ス)に向けて調整した。

 メキシコでのサッカー殿堂式典に出席するハビエル・アギーレ監督不在の中、練習は4人1組でのパス回しからスタート。5対3、8対3のボール回しのあとは、合宿恒例となったクロスからのシュート練習を行った。

 右サイドからクロスを上げたのは右サイドバック候補のDF内田篤人、DF松原健、右インサイドハーフ候補のMF遠藤保仁、MF柴崎岳、右ウイング候補のFW本田圭佑、FW小林悠。左サイドからのクロス役は左サイドバック候補のDF酒井高徳、DF太田宏介、左インサイドハーフ候補の香川、MF田口泰士、左ウイング候補のFW乾貴士、FW武藤嘉紀が務めた。

 その後、攻撃陣は6対6のミニゲームを行い、守備陣は4バックを組んでラインコントロールやポジショニングを確認。4バックは2グループに分かれ、一方が右から内田、DF森重真人、DF吉田麻也、酒井、もう一方が右から松原、DF塩谷司、DF昌子源、太田と並んだ。

 ミニゲームでは小林が左膝を痛めて離脱するアクシデントが起きた。足を引きずりながらピッチをあとにした小林。控室で治療を受け、そのままチームメイトと一緒にバスに乗って宿舎に戻った。日本サッカー協会広報によると、現時点では病院で検査を受けるかどうかは未定。今後の経過を見守ることになる。

以下、6対6のミニゲームでのチーム分け

[黄ビブス組]
    岡崎
乾       本田

  香川  遠藤

    今野

[赤ビブス組]
    豊田
武藤      小林

  田口  柴崎

   長谷部

(取材・文 西山紘平)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング