アギーレジャパンでの初ゴールへ岡崎「どんな手段でも…」

ゲキサカ / 2014年11月12日 20時31分

アギーレジャパンでの初ゴールへ岡崎「どんな手段でも…」

 アジア杯前最後の親善試合で得点力不足を払拭できるか。アギーレジャパンの過去4試合で奪ったゴールはわずかに3点。そのうちの1点はオウンゴールだった。

 10月10日のジャマイカ戦(1-0)、同14日のブラジル戦(0-4)にセンターフォワードとして先発したFW岡崎慎司(マインツ)は「点が取れないと勝てない。決める決めないは個人の部分もあるけど、どんな手段でもいいからゴールを目指すことが大事」と力を込める。

 岡崎が必要性を訴えたのは「チャレンジ」の意識。「常に縦の意識を持つこと。横パスばかりでなく、縦に入れないと。慎重にやる部分と、シンプルに大胆にプレーするところの使い分けが大事」と、時にはリスクを冒して縦に勝負する重要性を強調した。

「チャレンジしないと、チャンスのクオリティーは上がらない。その分、リスクマネジメントも大事になる」。岡崎自身、アギーレジャパンではまだゴールがない。日本代表でもセンターフォワードとしての地位を確立するためにも、ゴールという結果でチームを勝利に導きたい。

(取材・文 西山紘平)

ゲキサカ

トピックスRSS

ランキング